臨床検査科

当院の臨床検査科には臨床検査技師と臨床工学士が在籍し、検査や医師業務の補助等を行っています。
臨床検査技師は、医師が問診や触診だけでは診断が難しい場合、医師の指示のもと、診療に必要な検査を行い、検査結果を提供しています。

臨床検査は、患者様に直接触れて行う心電図検査、呼吸機能検査、脳波検査、超音波検査など生理機能検査、血液や尿、便等を扱う検体検査と大きく二つに分けられます。

生理機能検査

検査の種類は様々ですが、検査を受ける方が安心して検査を受けて頂けるよう各検査の認定資格を取得し、専門性を高めるよう努めています。特に超音波検査は超音波指導医のもと複数の認定を取得しています。

検体検査

検体検査では血液検査、尿検査、便検査、輸血検査など幅広く行っています。迅速で正確な検査結果を提供できるよう、日々の院内精度管理だけでなく外部の精度管理にも積極的に参加し正確性を保つ努力をしています。

近年では咽頭や鼻腔などの検体採取が臨床検査技師の業務範囲に加わり、インフルエンザウイルス、新型コロナウイルスの検体採取から検査までを臨床検査技師が行っています。

臨床工学技士は、生命維持にかかわる人工呼吸器、AED、輸液ポンプなどの機器の管理、調整を行っています。

現在は内視鏡検査補助業務に臨床工学技士、臨床検査技師とも加わり、円滑な運営のために携わっています。 このように臨床検査技師、臨床工学技士が一体となった検査及び機器管理業務を行い、患者様に安心して検査を受けて頂けるように心がけています。