回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患や下肢・体幹の骨折、治療の安静によって体力が低下した方などに対して、集中的にリハビリテーションを行う病棟です。主な目的は、「寝たきりの防止」「日常生活活動能力の向上」「在宅復帰」となります。

寝たきり防止
  • 当院では、日曜・祝日も含め365日、1日40分~1時間を2~3回、個別リハビリテーションを提供しています。(患者様の体調を考慮し、休みとなる場合もあります。)
  • 各々の症状、病期に合わせた、最善のリハビリテーションを行います。
  • 実際の生活場面である病棟における練習が効果的で、できる活動を実際の生活場面で行えるよう努めています。

回復期リハビリテーション病棟の実績(2021年度)

当院は、回復期リハビリテーション病棟「入院料1」の施設基準を取得しております。

  • リハビリテーション対象患者数(退院患者数):176名
  • 発症(または手術)から入棟までの平均日数 発症(または手術)から入棟までの平均日数
  • 平均入棟日数 平均入棟日数
  • 原因疾患割合 原因疾患割合
  • 1日当たりの個別リハビリテーション提供量(2時間20分) 1日当たりの個別リハビリテーション提供量

    1単位は20分で換算しています。

  • 実績指数 実績指数

    実績指数とは、リハビリテーションの効果を図る指標の1つです。
    入棟期間でどれだけ日常生活動作を高めることができたかを表す指標で、点数が高いとリハビリテーションの効果が高いことになります。

  • 重症患者率 原因疾患割合
  • 在宅復帰率 在宅復帰率

  厚生労働省の基準に則り算定した数値となります。在宅には、有料ホームや特別養護老人ホーム等も含まれています。

※ 全国 :一般社団法人「回復期リハビリテーション病棟協会」が行った全国調査(2021年8月)より
※ 基準 :厚生労働省の定める回復期リハビリテーション入院料1に関われる施設基準より

1 個室・定員1名

回復期リハビリテーション病棟 個室

室料差額:13,750 円 / 日
設備:テレビ・冷蔵庫・ロッカー・洗面台

  • ご希望のお部屋が空いていない時はしばらくお待ちいただく場合もございますので、ご了承願います。
4 4床室・定員4名

回復期リハビリテーション病棟 4床室

室料差額:なし
設備:テレビ・冷蔵庫・ロッカー・洗面台

  • ご希望のお部屋が空いていない時はしばらくお待ちいただく場合もございますので、ご了承願います。

室料の計算方法について

入院費の計算は健康保険法により、入室された時間に関わらず1日単位(0:00~24:00)で計算することが定められています。
当院の室料も同様に計算しています。
例)この場合は、3日分の室料をいただきます。

回復期リハビリテーション病棟入院相談の流れ

01

電話相談

入院相談専用電話にご連絡いただき、「回復期リハビリテーション病棟入院相談」とお申し出下さい。医療ソーシャルワーカーがご相談をお伺いいたします。他医療機関にご入院中の場合は、入院されている医療機関の相談担当者からご連絡いただけますと、より迅速な対応が可能です。

02

患者情報シート(診療情報提供書・ADL票)

患者情報シートはHPよりダインロードし必要事項を記載して頂き、0422-47-4872(FAX)にお送り下さい。診療情報提供書・ADL票を準備されている場合は、一緒にFAXでお送り下さい。

03

担当医師による診療情報確認

04

病棟のご見学、入院前面談

ご入院前に病棟についての説明や病棟見学が可能です。
※ 新型コロナウイルス感染拡大に伴い実施を見合わせております。患者様、ご家族様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

05

入院

面会について

当院は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、入院患者様の安全確保のためご面会を原則禁止とさせていただきます。
予約制のオンライン面会を実施しております。病棟スタッフへお問い合わせください。
患者様、ご家族様及びご来院の方にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力の程お願い申し上げます。