野村病院HOME > 野村病院のご案内(診察・外来・入院など) > 内視鏡部門

野村病院

内視鏡部門

内視鏡部門では上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(大腸)の検査・治療を行っています。

上部消化管は口または鼻から、下部消化管は肛門から、長くて柔らかい内視鏡を挿入します。

当院では、日本消化器内視鏡学会が認定する専門医を中心に、苦痛の少ない内視鏡検査・治療に努めています。

 

内視鏡検査

内視鏡を挿入し直接観察することから、がん・潰瘍・ポリープ・炎症などの発見に有用な検査です。

また、必要に応じて検査中に色素散布や病変の一部採取を行います。

採取したものは、顕微鏡で調べる検査を行い、後日結果を説明いたします。

 

内視鏡治療

・腫瘍切除(ポリープ切除)

早期がん、大きくなるとがん化する腫瘍を内視鏡的に切除し、進行がんを未然に防ぐことを目的としています。腫瘍の形や大きさに適した手技で切除します。

1.ポリペクトミー

2.内視鏡的粘膜切除術(EMR)

3.内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

 

・経皮内視鏡的胃瘻増設術・交換術

摂食障害(脳血管障害、認知症)や嚥下困難(神経障害、意識障害)により食事のできない方に、腹部の皮膚から胃の中にカテーテルを挿入し、栄養剤を胃に注入する手技です。

また胃瘻カテーテルは使用していると劣化してくるため、定期的な交換が必要です。

 

内視鏡の洗浄・消毒

学会のガイドラインを順守し、内視鏡の洗浄・消毒を行い、感染対策を行っております。

一回の検査ごとに十分に汚れを洗浄し、高水準消毒薬(過酢酸製剤)を用いて消毒しています。

 

内視鏡検査のお申込

内視鏡検査をご希望の方は、まず当院の内科または外科外来を受診してください。

患者様から直接お電話での検査予約は受け付けておりません。

 

ページトップへ戻る