野村病院HOME > 野村病院のご案内(診察・外来・入院など) > 予防医療部門

野村病院

予防医療部門

健康は最大の財産です

 野村病院予防医学センターは「健康は最大の財産です」をモットーとして病気の早期発見のみならず、予防から健康維持に至るまでの「健康づくり」を総合的に支援するための施設です。当センターの母体である野村病院は、疾患別・臓器別専門医療の問題点に対処すべく「総合診療」の観点から、その機能の充実に努め、地域をリードする医療機関を目指しておりますが、当センターも、その一翼を担う機能を果たすべく、日々研鑽を積んでいるところであります。  当院における予防医学の歴史は長く、昭和35年に病院内で1週間人間ドックを開始したことに遡ります。その後、人間ドックを含めて様々な目的の健康診断・検診を実施するとともに、企業などの健康管理指導にも力を注いで参りました。  私共の健康診断・検診の特徴は、第1に癌診断の質の高さにあると認識しています。癌診断の多くは、レントゲンや超音波、内視鏡など画像検査を用いますが、常に最新の検査機器を備えると同時に、検査に係る医師や技師における技量および専門資格の取得状況も極めて高いレベルであると自負しています。  第2は、生活指導の質の高さにあると考えます。メタボリック症候群などの生活習慣に起因した病気は、医師だけでなく保健師(看護師)や管理栄養士が、受診者の実生活に則した具体的な助言を行い、且つ継続性を持って関与することが重要です。当施設では専門性の高い保健師(看護師)や管理栄養士が責任を持って対応致します。  第3は、極めて短時間に効率的に検査が終了することです。おそらく我が国の同様の施設の中でも最も短時間の健康診断・検診であると思います。  以上の様に、50年に亘る予防医学診療の歴史を踏まえて受診者の皆様に信頼され、一生お付き合いを戴ける施設を目指してスタッフ一同努力を重ねて参る所存です。

 

■予防医学センター■

ページトップへ戻る