野村病院HOME > 野村病院のご案内(診察・外来・入院など) > 薬剤科

野村病院

薬剤科

薬剤科では、3人の薬剤師が、医師が発行した処方箋に基づき患者様に最も適した薬を調剤しています。

患者様やご家族の方へ薬の効き目や副作用について説明することも大切な仕事です。

また医師、看護師、各医療専門職、薬品メーカーと薬についての最新の情報を交換し、安全で有効な薬を提供できるよう努めています。

調剤

薬剤科

病院で管理している約100種類の外用薬、約200種類の注射薬、約300種類の内服薬を管理し、入院している患者様の容態に合わせ、薬を調剤しています。

 

なお、外来の患者様のお薬は院外処方箋を発行し、患者様ご自身が外部の薬局でお薬を購入していただいています。

 

患者様のお一人お一人の既往症、アレルギー・投薬禁忌等をふまえ、医師が処方した薬の服用方法や容量、相互作用などの安全確認を確実に行い、薬剤を準備しています。

 

医師や看護師と連携を取り、必要に応じて錠剤を粉薬に変えたり、1包化(1回分の薬を1つの薬にまとめること)を行っています。 また「配薬車」を利用し、患者様ごとに、1つのカートに1月分のお薬を用法別にセットすることで、飲み間違えを防いでいます。

用意された注射薬 配薬車(入院患者一人一人の薬を病棟へ配ります) 配薬車の個人別の区分け
用意された注射薬 配薬車(入院患者一人一人の薬を病棟へ配ります) 配薬車の個人別の区分け

 

医薬品管理

薬剤科で一番大切なことは、安全の確保です。 そのための医薬品の品質を保管期限、保管状況両面から厳しく管理し、 間違えが起きないよう薬品棚の整理を常に行っています。

 

医薬品管理 医薬品管理

 

服薬指導

服薬指導

患者様やご家族の方へ、薬の飲み方や効き目、副作用等について説明を行います。特に、副作用については丁寧に説明をしています。薬を服用することの大切さをを説明し、薬についての不安をなくし、安心して服用していただくよう努めています。

医薬品の情報管理

日々更新される薬の情報を収集、管理、提供しています。 収集された最新の情報は、即座に医師、看護師等関係者へ伝えます。 また、医療関係者からのあらゆる薬に関する質問に答えています。

薬事会議

医師・看護師を交えての薬事会議。 医療機関や監督官庁、薬品メーカーからもたらされる最新情報をもとに、病院で使用する薬剤の採用や注意事項について話し合う重要な会議です。薬剤の在庫・需給情報を発信し、必要な薬剤の品目や在庫数の検討を行います。


薬剤科 君島科長
Q 病院の中での薬剤科の役割は、どんなことでしょう。
A 患者様に安全で有効な薬物治療を、提供できるようにすることです。 そのために、医師、看護師や他職種の人達との連携は欠かせません。
他職種から得た患者様に関する情報を踏まえた上で、薬の専門家の視点で、患者様お一人お一人に最適な治療を考えています。
Q 特に大切に思っていることについて教えてください。
A 野村病院の診療理念に掲げているように「病気を診る専門家でなく患者さんを診る専門家を目指す」ことです。
同じ病気、同じ薬を服用している患者様がいても、一人一人の患者様に応じた分かりやすい説明を心がけています。
また、退院後も正しくお薬を飲んでいただけるように、患者様の状況に応じて工夫してお薬を用意しています。

予防接種についてのお知らせ

現在、以下の予防接種について受け付けております。

予約の不要なもの(外来診療時間に直接ご来院ください)
A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、破傷風、インフルエンザ(冬季のみ)

予約の必要なもの(電話で種類をお伝えいただき、日時をご確認の上ご来院ください)
肺炎球菌ワクチン、麻疹風疹ワクチン、狂犬病ワクチン、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチン
ページトップへ戻る