野村病院HOME > 野村病院のご案内(診察・外来・入院など) > プロジェクト活動 > 病院情報の公表(平成27年度)

野村病院

病院情報の公表(平成27年度)

 

 

医療法人財団慈生会 野村病院指標

平成27年度 医療法人財団慈生会 野村 病院指標

【集計対象】平成27年4月1日〜平成28年3月31日に当院を退院した患者で、集計期間内に一般病棟へ入院した患者【集計対象外】入院後24時間以内死亡、自費診療、労災・自賠等医科保険以外を使用集計期間内に緩和ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟を退院し、一般病棟へ入院していない患者【診断群分類(=DPC)とは】患者の傷病名と、行われた医療行為(手術、処置、注射)・合併症・重症度等の組み合わせにより、患者を分類するものです当院はDPC対象病院です※厚生労働省からの指定があり、10未満の数値の場合は、全て「−」(ハイフン)と表記しています
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
■年齢階級別退院患者数 ダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 - 11 49 49 95 119 177 368 478 281
※厚生労働省からの指定があり、10未満の数値の場合は、全て「−」(ハイフン)と表記しています
70歳以上の患者さんの割合が全体の7割となっています。当院は地域住民のニーズに合った全人的医療を目指し、予防医学から一般急性期医療、慢性期医療、回復期リハビリテーション、在宅医療、訪問看護および地域包括支援センターによる院外活動、さらに緩和ケア病棟による終末期医療まで地域完結型の医療体制を整え、地域住民、特にお年寄りが地元で安心して生活できる環境を提供しております。
 
 
■診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 141 25.92 21.69 7.80 87.28
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 78 17.58 14.34 5.13 81.38
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 21.88 18.30 2.94 89.68
疾患別では肺炎による入院患者が圧倒的に多いことが当院の特徴です。中でも、後期高齢者の医療ケア関連肺炎(NHCAP: Nursing and Health Care Associated Pneumonia)が多数を占め、誤嚥性肺炎の割合が高くなっています。近年、高齢者の口腔内衛生と下気道感染の発症率の相関が指摘されており、当院では認定看護師が主体となって入院患者に口腔ケアを実施しています。
 
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 26 5.58 5.50 0.00 40.38
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 6.59 7.84 5.88 53.06
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 17 8.88 7.91 0.00 68.47
患者数第2位は、「胆のう結石」に対して腹腔鏡下で胆のうを摘出する手術を行った症例です。当院では、クリニカルパス(標準的な治療計画)を導入しています。開腹手術と比較して侵襲が少なく、早期退院が可能となるため、在院日数も全国平均よりも短縮されています。
様々な消化器疾患や悪性腫瘍の診療に取り組んでいますが、急性胃腸炎・胆のう結石・大腸憩室症の頻度が高く、上位を占めています。
 
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 35 38.06 21.52 2.86 83.23
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 20 85.00 28.70 10.00 84.40
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし - - 9.53 - -
整形外科入院症例の中でも、特に大腿骨や脊椎外傷の急性期から慢性期まで、回復期リハビリテーション病棟との連携を密に行い、切れ目の無い医療サービスの提供に努めています。在院日数が全国平均に比べて長くなっているのは、急性期一般病棟から回復期リハビリテーション病棟へ転棟し、在宅復帰を目的としたリハビリを実施していることが理由として挙げられます。当院では、高齢者の転倒外傷、骨関節の変性疾患が主体であり、手術症例のほとんどが大腿骨中枢部骨折です。
 
■初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 31 1 7
大腸癌 - - - - 21 35 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - 11 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約 ※厚生労働省からの指定があり、10未満の数値の場合は、全て「−」(ハイフン)と表記しています
当院では、内視鏡部門で上部消化管(胃・食道・十二指腸)・下部消化管(大腸)検査を実施しており、特に胃癌・大腸癌の早期発見・治療に努めています。日本消化器内視鏡学会が認定する専門医を中心に、苦痛の少ない内視鏡検査を心がけています。杏林大学病院・武蔵野赤十字病院等の近隣の高次医療機関と連携しています。また緩和ケア内科では、高次医療機関と在宅医療をつなぐ役割を果たすことで、地域で安心して過ごせる緩和ケアを提供しています。
 
■成人市中肺炎の重症度別患者数等 ダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 21 19.24 78.90
重症度 2 22 15.64 87.41
重症度 3 18 25.33 89.61
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
※厚生労働省からの指定があり、10未満の数値の場合は、全て「−」(ハイフン)と表記しています
市中肺炎とは、病院外で日常生活を送っている中で発症した肺炎のことを指します。肺炎の重症度分類(A-DROPスコア)に基づき、重症であるほど数字の大きな重症度で分類しています。患者さんの年齢が上がるほど、重症度が上がり、在院日数が長くなる傾向があります。
 
■脳梗塞のICD10別患者数等 ダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 6.64 85.00 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
※厚生労働省からの指定があり、10未満の数値の場合は、全て「−」(ハイフン)と表記しています
MRIやCTなどの画像診断をもとに、脳神経系疾患の早期発見と早期治療を行っています。杏林大学病院・武蔵野赤十字病院等の近隣の高次医療機関と連携しています。
 
■診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 104 0.09 1.05 0.00 65.59
K6335 鼠径ヘルニア手術 38 1.00 2.66 0.00 69.13
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21 1.52 3.86 4.76 53.95
 
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(大腿、上腕) 18 8.06 72.22 11.11 84.06
K0732 関節内骨折観血的手術(手) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
※厚生労働省からの指定があり、10未満の数値の場合は、全て「−」(ハイフン)と表記しています
 
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 91 0.08 1.00 0.00 65.38
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 20 22.95 32.85 25.00 85.30
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 13 1.00 3.00 0.00 59.92
 
■その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
※厚生労働省からの指定があり、10未満の数値の場合は、全て「−」(ハイフン)と表記しています
 
更新履歴
2016/09/30
病院指標公開ページを開設
ページトップへ戻る