野村病院HOME > 野村病院のご案内(診察・外来・入院など) > 内視鏡部門

野村病院

内視鏡部門

内視鏡検査

 上部消化管(胃・食道・十二指腸)、下部消化管(大腸)の内視鏡検査を行っています。上部消化管は口または鼻から、下部消化管は肛門からスコープを挿入し、癌、潰瘍、ポリープ、炎症などの発見に有用な検査です。当院では、日本消化器内視鏡学会が認定する専門医を中心に、苦痛の少ない内視鏡検査を心がけています。

 また、必要に応じて検査中に色素を使ったり、FICE(分光画像処理)という機能を用いたりして、精度の高い検査を実施しています。病巣から一部組織を採取する方法により、癌やピロリ菌の診断も可能です。 

◆経鼻内視鏡のご案内

 

 

 

内視鏡治療

■内視鏡的ポリープ切除術・内視鏡的粘膜切除術

早期癌やポリープは、手術をしないでも内視鏡を使って切除することが可能です。特に一部の大腸ポリープは癌化の恐れもあるため、早めの内視鏡治療をお勧めしています。

 

■内視鏡的胃瘻造設術・胃瘻交換

何らかの理由で口からの食事摂取が困難な方に対して、お腹から胃にカテーテルを通すことで、点滴に頼らずに栄養補給することができるようにする方法です。

一定の期間カテーテルを使うと交換が必要になります。当院では内視鏡を使った安全な胃瘻交換を実施しています。

胃瘻造設・交換についてのお問い合わせは、野村病院内視鏡室までお電話でお願いいたします。

 

 

内視鏡の洗浄・消毒

・・・あなたの内視鏡・・・あなたの前は誰に使われたのでしょうか?・・・

 

内視鏡は人の体内に入るものです。
人の体内には色々な感染源が潜んでおり、検査を安全に受けていただくためには、内視鏡の洗浄・消毒が非常に大切です。
そこで、日本消化器内視鏡学会、および日本消化器内視鏡技師会安全管理委員会が内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドラインを作成し、適切な内視鏡の洗浄・消毒が示されています。当院ではこのガイドラインで最高レベルである「高水準」と認定されている過酢酸製剤を用い、一回の検査ごとに内視鏡を洗浄・消毒しております。内視鏡を行っている施設でも、すべてがこのような高レベルの内視鏡洗浄・消毒を行っているわけではありません。
当院では患者様に安心して内視鏡検査をお受けいただけるように、日本消化器内視鏡学会が認定する消化器内視鏡技師2名が中心となり、内視鏡検査の安全管理にも努めております。

 

 

内視鏡検査のお申込

内視鏡検査をご希望の方は、まず当院の内科または外科外来を受診してください。

患者様から直接お電話での検査予約は受け付けておりません。

 

 

ページトップへ戻る