野村病院HOME > 野村病院のご案内(診察・外来・入院など) > 外科・救急医療部門

野村病院

外科・救急医療部門

外科

外科というと、まず手術を連想されるのではないでしょうか。しかし、疾患や病状により手術をしなくても治療できたり経過観察できる場合もあります。私たちは専門領域における疾患について、検査結果をもとに可能性のある治療法を十分にご説明させていただいたうえで治療方針を決定しています。どうぞお気軽にご相談ください。

私たちが行っている検査、治療をご紹介します。検査はそれぞれの分野で十分に経験をつんだスタッフが担当しています。

 

消化器外科

食道
食道癌 診断 食道透視(バリウム)、内視鏡
食道裂孔ヘルニア逆流性食道炎 診断 内視鏡
治療 内服薬:プロトンポンプ阻害剤、H2受容体拮抗剤
食道静脈瘤 診断 内視鏡、CT
治療 内視鏡治療:内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)
胃癌 診断 胃透視(バリウム)、内視鏡、CT、MRI、超音波(エコー)、腫瘍マーカー
治療 「胃癌治療ガイドライン」に基づき、病期(ステージ、Stage)に応じた治療法を選択します。
内視鏡手術 内視鏡的粘膜切除(EMR)
腹腔鏡手術 腹腔鏡下胃部分切除術、腹腔鏡補助下胃切除術(LADG)
開腹手術 縮小手術、定型手術、拡大手術
化学療法 TS-1、タキソール、カンプトなど
胃潰瘍 診断 胃透視、内視鏡
治療 「EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン」による治療を行います。
内服治療 プトロンポンプ阻害剤、H2受容体拮抗剤、ピロリ菌の除菌治療
ピロリ菌 診断 内視鏡による診断(迅速ウレアーゼ試験、組織診)、尿素呼気試験(UBT)、便中抗原検査
十二指腸潰瘍 診断 胃透視、内視鏡
治療 「EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン」による治療を行います。
内服治療 プトロンポンプ阻害剤、H2受容体拮抗剤、ピロリ菌の除菌治療
大腸
大腸癌 診断 バリウム、大腸内視鏡、CT、MRI、超音波(エコー)、腫瘍マーカー
治療 「大腸癌治療ガイドライン」に基づき、病期(ステージ、Stage)に応じた治療法を選択します。
内視鏡手術 内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)、内視鏡的粘膜切除(EMR)
腹腔鏡手術 腹腔鏡補助下手術
開腹手術 結腸悪性腫瘍手術、低位前方切除術(直腸癌)、Miles手術(直腸癌)
化学療法 TS-1、UFT/ロイコボリン、カンプト、エルプラット
大腸憩室症
大腸憩室炎
診断 注腸造影(バリウム)、大腸内視鏡
治療 保存的治療(経過観察)
手術 出血、穿孔(腹膜炎)、狭窄の場合
胆のう
胆石症 診断 超音波(エコー)、CT、MRI(MRCP)
治療 腹腔鏡下胆嚢摘出術
胆嚢ポリープ
胆嚢腺筋症
診断 超音波(エコー)、CT、MRI(MRCP)
治療 所見により経過観察または手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)
胆管結石 診断 超音波(エコー)、CT、MRI(MRCP)
治療 内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)、開腹手術

 

盲腸
急性虫垂炎 治療 保存的治療
手術 腹腔鏡下虫垂切除術、開腹手術

その他

肛門
痔核 治療 内服治療、局所治療(軟膏または坐薬)
手術 PPH法、結紮切除術(Milligan-Morgan法)
硬化療法(ジオン)
痔ろう 治療 手術
裂肛 治療 内服治療、局所治療(軟膏または坐薬)
手術 内括約筋側方切開術(LSIS)、皮膚弁移動術(SSG)
そけいヘルニア(鼠径ヘルニア)
鼠径(そけい)
ヘルニア
治療 tension free surgery
所見に応じて、メッシュ・プラグ法(mesh plug法)、PHS法、ダイレクト・クーゲル法(direct Kugel法)を行っています。

※そけいヘルニアの1泊入院手術を開始しました。(詳しくは担当医師におたずねください)

ヘルニア倶楽部 そけいヘルニアでお悩みの方へ

 

クリニカルパス(クリティカルパス)

クリニカルパス(クリティカルパス)とは、標準化された安全な治療を行うため、治療内容とタイムスケジュールを分かりやすく表にまとめたものです。患者様やご家族の方にも、スケジュールを把握していただくことができ、手術や入院生活にも安心して臨んでいただくことができます。

下肢静脈瘤
下肢静脈瘤 保存的治療 tension free surgery
弾性ストッキング
手術 tension free surgery
ストリッピング

内分泌系

乳腺
乳癌 診断 触視診、マンモグラフィー、超音波(エコー)、細胞診(エコーガイド下細胞診)、MRI
治療 「乳癌治療ガイドライン」に基づき、病期に応じた治療法を選択します。
外科療法 乳房温存手術(乳房部分切除術、乳房扇状切除術)、乳房切除術
薬物療法 化学療法:CMF(エンドキサン、メソトレキセート、5-FU)、CAFまたはCEF(アドリアシン、ファルモルビシン)、タキソテール、タキソール、フルツロン、ゼローダ、カンプト
ホルモン療法 ノルバデックス、ゾラデックス、リュープリン、アフェマ、アリミデックス、ヒスロンH
分子標的治療 ハーセプチン
乳腺症
線維腺腫
診断 触視診、マンモグラフィー、超音波(エコー)、MRI定期検診をおすすめしています。
ページトップへ戻る