介護保険で訪問看護を受けられる場合

介護保険では、老化によって介護が必要となった方を対象としているため、サービスを受けられるのは基本的に65歳以上の方ですが、40〜64歳の方でも加齢に伴う「特定疾病」の場合でも介護保険の対象となります。逆に、介護保険でサービスを受けている方でも「厚生労働大臣が定める疾病等の利用者」や急性期増悪期は、医療保険による訪問看護となります。